>>マリンバ全般

マリンバコンサート in こむこむ館

【マリンバコンサート in こむこむ館】
ドラムマーチから始まりドラムマーチで終わるノンストップの60分公演。
無事終了です♪

演奏はもちろんですが、その他の段取り、コンサート全体が一つに見えるよう、そしてホールの大きさに見合う作品/演奏であることを心がけ制作しました。

ほっこりの場面あり、怖〜い場面あり。
会場の皆さまとのやりとりあり。

9年間の「うたうたげ」で培ってきたものが十分に生かすことのできた本番でした。

開催にあたり、福島市音楽堂のスタッフの皆さま、こむこむ館の皆さま、ホール音響、照明の方々。そしてご来場くださった皆さまへ心より感謝を申し上げます。

ソデに控える本番直前。(スネアを背負ってます)

 

 

 

 

 

朗読:中村雅子さん、演出:豊岡久美香さんと。
(口紅もっと塗った方がいいわよ〜と言われいつもより盛ってみました)

 

 

 

 

 

 

マリンバの後ろはこうなっています。

 

category:マリンバ全般, ライブ・コンサート, 日常

マリンバコンサート in こむこむ館

コンサートのご案内です♪

どん帳を使った演出、ドラムマーチから和太鼓まで!マリンバと描く民話の世界。【マリンバコンサート in こむこむ館(福島市)】

子ども達が大好きな音色、リズム、メロディー、おはなしがたくさん詰まったコンサートです。
入場無料/申し込み不要です。
是非ご来場ください

■【マリンバコンサート in こむこむ館(福島市)】
「0歳からのパイプオルガンコンサート」開催 プレイベント第二弾

マリンバ演奏と朗読を楽しもう!
「うたうたげ」~音楽の庭~「3枚のおふだ」

日時:2017年10月6日(金)
場所:福島市子どもの夢を育む施設 こむこむ館わいわいホール
午前の部 開場 10:10 開演 10:30
午後の部 開場 12:40 開演 13:00
公演時間 約60分

出演 マリンバ/打楽器:松本律子、朗読 :中村雅子(元福島テレビアナウンサー)

入場無料(この事業は賛助会員からの寄附で行われております。)

お問い合わせ 福島市音楽堂((公財)福島市振興公社) 024-531-6221

category:マリンバ全般, マリンバ教室, ライブ・コンサート, 城山公園「うたうたげ」, 子供たち

うたうたげ vol.25 番ねずみのヤカちゃん

うたうたげ vol.25  0歳から楽しもう☆音楽を!
〜おはなしの夜〜
【番ねずみのヤカちゃん】
雨天のため室内開催となりました。
満天の星空の下での公演は来年へのお楽しみです🎶

ゲストに俳優の田村耕一さんをお迎えし、芝居と語りをいい塩梅にブレンドした笑い沢山の作品へと仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

その中での音楽の役割は、時には背景に、時には登場人物に。
けっして役者さんの前に出る事なく、しかし確実に存在感を示していく事かと思ます。

力のある俳優さんとの共演は、程よく力の抜けたメリハリのある時間。
もたれかかるのではなく、自分の足で立って歩けるスキルがあって初めて成り立つ空間。「助け合い」とも違うように思います。

「楽譜」を離れたことが大きな転機となっています。
自由に弾くことが今面白い。

category:マリンバ全般, ライブ・コンサート, 城山公園「うたうたげ」

「りんぐリン」ライブ@日本橋「おとりよせレストラン KOUCHI-YA」

打楽器奏者、作曲家の高木美佳さんとのDUO「りんぐリン」ライブ@日本橋「おとりよせレストラン KOUCHI-YA」

マリンバを持ち込まない初めてのライブ。malletKAT(電子マリンバとでも言いましょうか。鍵盤打楽器のMIDI機材です)を相棒として臨んだライブでした。

全編オリジナル。センスの良い美佳さんの曲は、無駄な音を省くことを求められ「音の方向性」「音がそこにある意味」を考えさせられます。現代音楽の要素の入った混沌としたミニマルミュージックあり、矢野顕子を彷彿させるポップなサウンドあり。自分が関わってきた音楽全ての要素が凝縮されているようにも思います。

さてさて、果敢に挑んだmalletKAT。
アコースティックのマリンバとは「マレットで叩く」という行為は同じですが、マレットの振り幅、スピード、もちろん鍵盤の幅も違い、普段何気なくやっているレガート奏法が通用しなかったり、大好きなピアニッシモが出なかったり、「鍵盤を叩く(弾く)」行為を1から見直しました。

MIDI音源ならではのディレイ効果を使った曲を制作。まだまだ使いこなす余地が残っています。

何より搬入/搬出が楽!

アコースティック/デジタル 両方の良さを深く知るいい機会となっています。

開催にあたり、ご来場いただきました皆さま、お手伝いいただきました皆さま、そして応援くださった皆さまに心より感謝を申し上げます。

っで!
美佳さん、次は何をやりましょうか?

category:マリンバ全般, ライブ・コンサート, 日常

「松本律子さんのこと」

打楽器奏者/作曲家、高木リィラさんが「松本律子さんのこと」の記事を書いてくださいました♪

************************************

マリンバ奏者/作曲家の松本律子さんとの初めてのコラボ・ライブ、
“Live Now”(@広島)のあと、

律子さんからいただいたオリジナル・ファースト・アルバム、
『Ritsuko』(サイン入り!)。
全作、律子さんの作曲・編曲・演奏による、

マリンバの魅力たっぷりなアルバムです。

サックス以外はすべて律子さんの演奏で、
マリンバの他に、

カリンバ(親指ピアノ)、トライアングル、
シェイカー、グロッケン(鉄琴)、スネアドラム、
カホンなどのパーカッションと、ヴォイスまで一人で担当されています。

聴いてみると、「あ、こういうの好き!」
と素直に思える、素朴であたたかな響き。

わあ! すごいな!
全部一人でやってる!

音大出身のクラシック演奏家というのは、
自分で曲を創る人はいがいと少ないんです。
プロのマリンバ奏者の方でも、
専門の作曲家の曲や、クラシック曲のアレンジを演奏する人が圧倒的に多いです。

そんな中、すべてゼロから自分で創り、自分で演奏する、
というスタイルを確立していた律子さんとの出会いは、
衝撃的でした。

そしてコラボ・ライブに取り組んでみると、
お互いの音楽に対する嗜好が驚くほど共通していたり、
あるいは違う部分にこだわりがあったりするのですが、

新しいことへの挑戦と探求、
よりよい音楽を創る、とか、
ライブに来ていただいた方に存分に楽しんでいただくにはどうしたらいいか?
といったところの追求は完全に一致しているので、

結局は1+1= ∞ (無限)・・・の可能性を秘めたライブになるんです。

律子さんとおつき合いしてみて、
まるでバンビのように愛らしく、
はかなげな容姿からは想像もできないような「タフさ」があることを知り、
すごいな〜と思っていたのですが、

律子さんはかつて、体育会系の部活動をされていて、
いわゆる「しごき」にはビクともしない、
体育会系女子の強さを持っていたのです。

私は律子さんが体育会系の部活員だったことを聴いた時、
「なるほど!」と腑に落ちました。

律子さんの底知れない忍耐強さは、
そこから来ているのだな、と。

次のライブ(りんぐリン 結成記念・初・ライブ)のために
律子さんが作曲した新曲『泡となり』のデモ音源を聴いた時、
何ともいえない喜びがわき起こってきて、
新しい作品が生み出される感動に浸っておりました。

この作品はMalletKAT(マレットカット)という、
電子鍵盤打楽器のために創られました。

どんな音が飛び出すのか・・・?
それはライブでのお楽しみです

category:マリンバ全般, メディア情報

「りんぐリン」ライブ 9/11 (月)

打楽器奏者/作曲家の高木リィラさんとのユニット「りんぐリン」ライブチラシです。

6/22 に広島で行ったライブ動画を見ながら、
リィラさんのセンスの良い曲たち、
私からは到底出てこない発想のリズム、メロディー、和声、そして曲の展開、次から次へと溢れ出るリィラさんの創作アイディアはマリンバの魅力を引き立たせてくれるように思います。
作曲はリィラさん担当。私は主に自分の弾くパートのアレンジ、演奏を担当しています。

「やってみたいもの」を惜しみなくライブで楽しむ。これが「りんぐリン」の良さ。
表面には見せない相当(笑)頑固なこだわりがあるところ。内に抱え込むタイプetc…..など2人の似ているところが、一緒にいて居心地の良い楽しい所以かなと。

1+1=2以上になることを確信しました。
ユニットを結成。名は「りんぐリン  RingLing」

今回のライブは全曲オリジナル。6月のライブの内容を反省し、より磨きをかけた実験的なプログラムとなっています。新機材「MalletKAT」(鍵盤打楽器MIDIキーボードとでもいいましょうか)でのライブとなります。

ソロの時とは一味違うユニットの味わいもぜひお楽しみいただければと思います。

■【りんぐリン*RingLing* 結成記念・初・ライブ】
日時:9月11日(月) 19:00スタート。
場所:おとりよせレストラン KOUCHI-YA
(東京都中央区日本橋小網町16-19 大都ビル1F)
料金:3,000円(+ドリンクオーダー)
ご予約:03-6667-0356(おとりよせレストランKOUCHI-YA)
*松本律子&高木リィラのユニット「りんぐリン」

category:マリンバ全般, マリンバ教室, ライブ・コンサート

2017夏

2017年の夏がもうすぐ終わりです。

仕上げなければならない曲の一覧を見て真っ青になる2週間前。
体力と相談をしながら、
睡眠時間を確保しながら、
食事に気をつけながら、

どんなに切羽詰まっていてもステージの上は至福の時間です。
人生の至福の時間を、今できる最高のパフォーマンスで過ごしたい一心です。

「できる事」ではなく
「やりたい事」を貪欲に弾いていこうと思います。

11月のリサイタルの準備も着々と進んでいます。
チラシの打ち合わせをしてきました。
今年は美術家の村上陽子さんにディレクションしていただきます。

 

 

 

 

category:マリンバ全般, ライブ・コンサート

県立相模原公園【真夏の夜のファンタジア2017】

県立相模原公園【真夏の夜のファンタジア2017】
お天気にも恵まれ、夕涼みの中、最高のロケーションでの野外コンサートとなりました。

ステージ周りの見事な草花のレイアウト。公園全体のライトアップ。音響さん。演奏者。公園スタッフのみなさま。全てのエネルギーがステージ上に集結されたように思います。

何がそうさせるのか。

『信頼関係』

ですね。
もの言わずとも事が進むのは、時間をかけて積み上げて行った各々のスキルアップしたものが、見えない糸で絡まる事なく進んでいくからなんでしょうね。

写真は終演直後、パーカッション大久保宙さんのスマホでパチリ。

大久保さんの抜群の安定感の中で私は野となり、花となり、蝶となり最高に楽しいステージでした♪

category:マリンバ全般, ライブ・コンサート, 日常

川崎市小学校公演

川崎市の小学校のホールで、小学生、そして地域の皆さまが集ってのコンサート。

出来上がったばかりの美しい校舎は使い勝手の良さばかりではなく、やはりそこに集う人々がどのようであるかを考えられているように思いました。

子どもたちへ生演奏の機会を自ら実践されているフルートの三田教諭。
できそうで誰もができるわけではありません。
どんな授業にもまさる素晴らしい実践だと思います。

少年期の音楽の出会いは一生ものですね♪

 

category:マリンバ全般, ライブ・コンサート, 子供たち, 日常

喜多方発21世紀シアター2017

「喜多方発21世紀シアター2017」日本画家の佐々木あすかさんとのコラボレーション。

新曲、新アレンジ曲。新機材も初お披露目できました♪

やっぱりライブがあるから、曲が生まれ、成長し、完成していくのかなと感じます。

新機材MalletKATをはじめ、Loop Station(その場で録音/再生の機械)、それらをつなぐケーブルやら、ミキサー、マイク。
そしてアコースティックの楽器たち。
どんどんセットが大きくなります。
デジタルはデジタルでしか出せない音が、アコースティックにはアコースティックの持ち味があります。

「代用」ではないのです。

しばらくはどんどんモノを増やしていく予定です。
その代わり心は、どんどんシンプルにしていこうと思います。
その行き着くところはどこだろう。
きっと想いの場所へ行けるはず。
それはいつかな。

今年の作品たちが見えてきました。
11月のリサイタルへ向けて準備を進めていきます。

写真はライブ制作したあすかさんの作品と♪
今年は「貼り絵」と呼ばれる手法を使ったということです。

 

category:マリンバ全般, ライブ・コンサート