本物にふれる

神奈川県内の保育園のコンサートでした。

「本物にふれる」
打ち合わせや会話の中で園長先生がおっしゃっていた言葉です。

園には
生のお花で生けた子どもたちの作品。
杵でついたお餅でつくった鏡餅。
葉っぱのオブジェ。
手づくりの給食。

本物がたくさんありました。

「本物ってなんだろう?」
瞬時に出てきた答えが
「いのちあるもの」

じゃ「本物の音楽とは?」
毎日音楽と向き合い多くの時間を費やしているのにもかかわらず、
すぐに答えがでないという…..。

アコースティックだからとか、電気を使ったスピーカーと通した音だからとか、
それはどちらでもイイと思っています。
空気の振動が直に伝わる生演奏を「本物」としてもいいですし、
録音物でも本物はたくさんあります。

音楽友人とこの事について話をする機会がありました。
「本物かどうかは、相手が決める事」

名言!

 

 

関連記事

  1. マリンバ奏者松本律子

Live schedule

最近のブログ記事

  1. 2020.10.6

    録音
  2. 2020.09.2

    写真撮影

アーカイブ

PAGE TOP