音と向き合う。

「音」って不思議なもので
気持ちがそのまま乗るんです。

調子が良い時は
(丁寧に音を紡ぎ出している時)
「音」が
見えます。

日々の練習の中で、
音の変化に気づくことが
意味のある練習。

いくら時間があっても足りません。

関連記事

  1. マリンバ奏者松本律子

Live schedule

アーカイブ

PAGE TOP