写真撮影

2020年。
今年は、
毎年秋に行うリサイタルと同時にアルバムも発表しようと
今、制作の真っ只中です。

写真を撮りました。
撮る人と撮られる人の関係は、音楽のアンサンブルとまるで同じでした。
精神世界でつながっていると言いますか。

モノをつくる時は大なり、小なり自分の中に「軸」を置きます。
それが哲学的だったり、宗教っぽかったり。
その精神が作品そのもので
表現の手段が音楽だから

音楽=私

になったらいいなあ
といつも思っています。

写真家 宇都宮輝さんとのセッションは刺激に溢れていました。
何も考えなくなり、全てを委ね、身体が宙に浮いた時
「撮れた!」
の声がかかります。
「写真を撮ると魂を引き抜かれる」
昔の人はうまいこと言ったもんです。
魂をカメラマンに託すとでも言いましょうか。
姿形の先にある精神の部分でのアンサンブル。
これが写真なのかな。

「こういうことができるようになったんだ」


過去の自分を振り返りながら
「過去ー現在ー未来が同時に存在する」
なんて事を考えていたら

コンサートタイトルが決まりました!

「time」
聴こえた音
聴いてる音
聴きたい音

これについてはまた次回♪

写真撮影は
一つのコンサートを終えたような充実感でした。

衣装に
母の成人式の時に祖母があつらえたベルベットのワンピース
叔母が若い時に来ていた黒のワンピース
友人にプレゼント頂いた白いワンピース
を着用。
帽子は今回の演出くださるシモシュのもの。

来週から録音に入ります。

右から制作のゆうちゃん、
演出のシモシュ、
私、
写真家のテリーさん
アシスタントきくちゃん

関連記事

  1. マリンバの調整
  2. 秋のマリンバコンサート

Live schedule

最近のブログ記事

  1. 2020.10.6

    録音
  2. 2020.09.2

    写真撮影

アーカイブ

PAGE TOP