マリンバ調整

愛器アダムス・クラシックマリンバを調整に出しました。
約1ケ月かけてより深みのある音になって戻ってきてくれると。

音板の響きのデコボコを調節。
ノイズの軽減。
傷んだパーツの交換etc。

きっと使う側(私)がどのような音を奏でたいかによって楽器は変化していくものかと思っています。低音の美しさ、やわらかな音色の魅力はもちろん残しながらも、おどろくほど激しい、つよい美しさを音にしてみたいです。

それに耐えうるパートナー。
逆を言えば、アダムス・クラシックだったから荒々しい不協和音を美しさと捉え、原始的なたくましい音を心で包み、過去の音楽への否定と肯定を繰り返しながら今日現在生きていることへの価値を見出そうとしているのではないかと。

どんなになって戻ってきてくれるかな。
楽しみに待ってます♪

関連記事

Live schedule

最近のブログ記事

アーカイブ

PAGE TOP