スタイル

マリンバの歴史はとっても新しく、オリジナル作品は1960年代以降。広く多くの人に知れ渡ってる曲はほとんどありません。

ですから、マリンバ弾く人は自分がどんなサウンドで、どんなスタイルで表現しようか迷って、さまよっているのではないでしょうか?・・・・・って私の事です。

「誰もやっていない事、新しい事」と思って日々マリンバと向き合っていますが、何がいいんだか分からなくなります。

胸に突き刺さった言葉
「いたずらに自己主張に走るのではなく、相手(楽曲)と自分と第三者を繋ぐもう一人の自分。これが表現ではなかろうか」

関連記事

  1. 松本律子マリンバコンサート2019

Live schedule

最近のブログ記事

  1. 2021.07.21

    動画撮影

アーカイブ

PAGE TOP