キープすること

「Keep」保つことって大変です。

「テンポ」・・・これがキープできません・・。(打楽器奏者としては致命的)本番テンションが上がると、ますますキープできません。

今「ケンバング・スリング」というフルートとのDUO曲に取り組んでいますが、テンポキープが命の曲のように思います。

均一に整えられた音色とストローク、そしてテンポ。これがそろえば、かっこ良い曲に仕上がるのではないでしょうか?

「音の音の間にある音楽」。ある指揮者の先生がおっしゃていました。とっても大事な事。

自分の中に入ってくるまでは、その楽曲を噛んで、噛んで、噛み締めて、一回のばして、また噛み締めないと難しいですね。

関連記事

Live schedule

最近のブログ記事

  1. 2020.10.6

    録音
  2. 2020.09.2

    写真撮影

アーカイブ

PAGE TOP