うたうたげvol.20

記念すべきうたうたげvol.20。
プログラムの中から

本日はご来場誠にありがとうございます。20回目を迎えることができました。これもご来場くださる方々の支えがあってのこと。この場をお借りして熱く御礼申し上げます。

「言葉」について話題になりました。昨今「言葉」が多すぎると。言葉はとても便利な道具ですが時として邪魔になる時があるのではないかと。言葉はウソをつくことができます。気持ちと裏腹なことを伝えることができます。顔の見えないメールではウソをつくことが簡単ですね。反対に本当の気持ちを言葉で伝えるのが難しい時があります。文字を並べれば並べるほど本質から外れてしまう時があります。何も言わない方が伝わったりして…。

子どもたちは言葉を巧みに操ることができないから果てしない想像/創造力を持ち合わせているのかもしれません。彼らをうらやましいとさえ思います。

言葉にならない気持ち、見に見えないものを表現することが文化·芸術の役割の一つであるように思います。

今後ともうたうたげをどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. マリンバこどもコンサート

Live schedule

最近のブログ記事

  1. 2019.10.29

    リサイタル曲

アーカイブ

PAGE TOP