【喜多方発21世紀シアター 19th】2018

かれこれ10年くらい毎年参加していますでしょうか。
【喜多方発21世紀シアター】
年に一回の喜多方が、
今ある自分のバロメーターのような存在になっています。

さて今年はリサイタル2018のタイトルでもある
【松本律子マリンバコンサート】
「マコトのハナをシル」
〜種→芽→花→果実〜
日本画 佐々木あすかと共に

タイトルを掲げました。

あすかさんとのコラボレーションも手探りの中から、
「どのように見せるか」
が確立してきたように思います。
要は、
「やりたい事を明確に!」という事なのかもしれません。

その「やりたい事」をつかみ取るまでに
回り道をしながら道無き道を探しているように思います。

今期のプログラムの方向性が見えてきました。
新曲「気色(けしき)」初披露。

凝りに凝ったオタクのような(笑)方向性は今しばらく続くかと。

関連記事

  1. HP

  2. マリンバ奏者松本律子
PAGE TOP