語りと音楽

3/14の【まち夢工房】さんの公演に向けて準備をしています。

その中で今回は「八郎」という語りに音楽をつけます。
想像力と感覚が頼り。
登場人物の心情、舞台背景、情景描写、それらがシンプルな音ので表現できたらとの思いでいます。

一行の書かれている文脈を深く、深く読み解くと
そこには書かれていない別の一面が見えてくることに
面白さを感じます。

もう一息。
制作、制作、せいさく♪

関連記事

PAGE TOP