創作/制作

RingLing(りんぐリン)ライブ5/27@広島
https://ringling.themedia.jp
へ向けて目下創作/制作中です。
オリジナル曲85%。
広島在住のLeelaさんと共同作業をしています。

お互い音源を創りあってメールでのやり取り。
便利な世の中です。

こういう恩恵にあずかっているので
最先端技術を真っ向から否定するのではなく、
うまく共存できないものかと思うわけです。

使用するのは、
あらかじめ打ち込んだ電子音 に
マリンバ、ピアノ、様々な打楽器が入ります。

写真は左手で「おリン」「竹」「太鼓」。
右手で「マリンバ」。
これらと「キム」というアジアの弦楽器のアンサンブル曲
【月読〜陰〜( Leela Takagi作曲)】
*本番は左側のトムがトルコの「クドゥム」という楽器になります。

マリンバとおりん/竹

マリンバとおりん/竹

 

そしてこちらの写真は
「鎖」「鉄パイプ」
楽音ではない音色に魅力を感じます。

 

【りんぐリン 3rd ライブ 〜陰陽〜】
https://ringling.themedia.jp

日時:2018年5月27日(日)14:00スタート
場所:ミュージックサロン白い森(広島市佐伯区湯来町葛原973)
入場料:2,500円(コーヒー&お菓子付)
お申し込み/お問い合わせ:電話0829-86-1105(ミュージックサロン白い森)
メールringling@gmail.com(りんぐリン)

*りんぐリンをスタートさせてから1年が経とうとしています。電子素材と自然素材。全ての「音」に耳を傾け、テをかけヒマをかけ奏でていきたいと思います。

 

category:マリンバ全般, ライブ・コンサート, 日常

撮影

マリンバ、野外撮影

自宅前の山で撮影。
「日の森様」の小さなお堂があって、
その先にある観音様の手の形のような木のそば。

【マコトのハナをシル】〜種→芽→花→果実〜

2018年リサイタルへ向けた今年のテーマの元
チーム一丸となってイイものが撮れたのではないかと思います。

それぞれが独立した考えと技術を持ち合い
一つのイメージに向かってディスカッションしていく過程が楽しかった♪

出来上がりの写真は少しずつ発表していきます〜。

スタイリング:齋藤優見
撮影:Jose Luis baxarias garcia
アシスタント:高橋典子

マリンバ、野外撮影

category:マリンバ全般, 日常

イベント演奏@渋川市〜mode marimba〜

mode marimba
イベントでの演奏@渋川市でした♪
マリンバsoloで40分プログラム。
使用した楽器は、
鍵盤が新素材でつくられた(木ではありません)【モード マリンバ mode marimba】
澄んだ音色と、
部屋の隅々遠くまで音が行き渡る音の伸び(音の質量といいますか重量といいますか)
従来のマリンバに足りなかったものが補われている感覚がしました。
日本市場に合うように細かな部分を改良していくとのことです。

お披露目はいつかな〜。
楽しみにお待ちください♪

category:マリンバ全般, ライブ・コンサート

マリンバカタログ

YAMAHAマリンバカタログ

友人が部屋の掃除をしていてダンボール箱から出てきたという
古い鍵盤打楽器のカタログを見せてくださいました♪

[YAMAHA]   [KOSTH]  [KOROGI]の3社。
たかだか40年前のカタログにもかかわらず
マリンバの仕様が大きく変わっている事に、
今後のマリンバはどうなっていくのかなと
楽器の本体の側面からは勿論ですが、
マリンバが奏でる音楽の行く先も現在進行中で進化(退化?)していく。
その過程にたずさわっていく楽しみを
お茶を片手にカタログを見ながら思うのです。

コッスカタログ

「コッス」社カタログ

この40年のマリンバ楽器本体の変化は
何と言っても5オクターブが主流になってきた事。
低音の深い響きから高音の木琴のコロコロとした音色まで
出せるようになった事で、
西洋音楽の楽譜の概念の元での音楽のほとんどを
演奏できるようになりました。

倍音の取り方にも
各社、そして時代ごとに少しずづ変化していますね。
倍音によって変化する音色が
社会の変化を表しているのかなとも感じます。

現在のマリンバとの大きな違いの一つに
外見が大きく変わりましたね。
これだけ大きく空間を使う楽器ですので
デザイン性も重要視されてきました。
これは他の楽器には見られない現象ですね。

レパートリーでは、
朝吹英一先生が道を切り開かれた
西洋音楽の名曲のアレンジ作品。
12音技法の元で書かれた作品。
ロマンティックな音を使いながらアフリカの躍動感溢れるリズムを使った作品。
ジャズの影響を大きく受けた作品。
そして安倍圭子先生を筆頭にマリンバをソロ楽器として確立させた作品。
バンド形式、環境音楽 etc…….。
まだまだありますね。

コオロギカタログ

コオロギカタログ

どこに向かっていくのか。
それは全てのマリンバ奏者が感じている事で、
全ての奏者が日々模索しながら
最高傑作を頭に思い描き創造に励んでいるのかな。

とカタログを見ながら思うのです。

 

*カタログの中身すべてPDFで手元にあります。
うまくアップできないので、
もしカタログを見たい!という方
ritsukomarimba@gmail.com までご連絡ください♪

 

category:マリンバ全般, 日常

リサイタル2018日程

今年のリサイタルの日程が決まりました♪

松本律子マリンバsoloリサイタル 2018
【マコトのハナをシル】
~種→芽→花→果実~

■福島公演
日時:2018年10月27日(土)昼
場所:福島市音楽堂小ホール(福島県福島市入江町1-1)

■神奈川公演
日時:2018年11月17日(土)昼
場所:maple hall(神奈川県相模原市中央区千代田2-2-15)

■東京公演
日時:2018年11月18日(日)夜
場所:山野学苑27階(東京都渋谷区代々木1-53-1)

 

どんなプログラムになるのか。
ただひたすら音たちと会話をして創っていこうと思います。
(…とかっこいい事言いつつ、もうすでに背中に冷たい汗が流れています)

小さなことからコツコツ。
コツコツ。コツコツ。

category:ライブ・コンサート, 日常

【第54回スズキ・メソッドグランドコンサート】

スズキメソッドグランドコンサート

【第54回スズキ・メソッドグランドコンサート】@両国国技館

360度客席に囲まれ
約350人で演奏するベートーヴェン7番4楽章♪

オーケストラの中で演奏する時はどこか違った緊張感。
それは何かと考えると、
楽譜通り弾かなくてはいけないプレッシャー。
寸分違わず呼吸を合わせて行かなければいけない、いや、合わせていきたいので、指揮者をはじめ、あらゆるパートへの集中力。

「生かすも」「ぶち壊す」のもティンパニの役割。

大規模な歴史あるスズキ・メソッドグランドコンサート。
天皇皇后両陛下のご臨席もありました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3334431.html
多くの人が関わるものには大きな力があるなと感じました。

2千人の演奏は圧巻でした!

ティンパニ、子ども、

category:ライブ・コンサート, 子供たち

【うたうたげwithエスデミックカフェ vol.1】終了です。

マリンバ、子ども、カフェ

【うたうたげwithエスデミックカフェ vol.1】

都会のど真ん中で『うたうたげ』の公演が実現した事をとっても嬉しく思っています。

県立津久井湖城山公園「うたうたげ 音楽の庭つくい」で9年間培ってきたものは間違いではなかった という安堵の気持ちと
これからも続けていこうという前向きな気持ち。
そして、もう一歩先を見てみたいと思う気持ちと
舞台に携わってきてよかったな〜
と思う至福の時間でした。

演奏しながらの子どもたちとの目と目の会話は、音楽が場所を問わず共通コミュニケーションツールである事を再認識しました。

カフェとコンサートの両方を楽しんでいただくというコンセプトにおいてまだまだ課題はたくさんありますが、
一つ一つの舞台を丁寧に作っていきたい思いは更に強くなりました。

次回8月の公演を予定してます🎶

最後になりました。
開催にあたりお力を貸してくださった方々、ご来場くださったみなさま、遠くから応援くださるみなさまへ御礼を申し上げます。

文末プログラムに記載しましたちょこっとコラムです。

*****************

 

 

姿は朽ち果てど記憶に残る。花は可憐、木は頑固。桜の季節です。

記念すべき第1回目【うたうたげwithエスデミックカフェ】開催にあたりご尽力いただきました方々、そしてご来場くださいました皆さまに心より感謝を申し上げます。

つい2週間前、本革でしつらえられた上質の大太鼓を新しくむかえました。狭い我が家の練習室で鎮座しています。

果たしてこんな立派な楽器が必要なのか、自問自答。

本革は温度、湿度の管理。使う度に皮を締緩し、カビが生えないように乾拭きをしたりと、手入れが必要です。プラスティックで出来た大太鼓はスリムで場所も取らず管理も簡単。

では、本革の魅力は何なのか。
一言で言うなれば「存在感」でしょうか。
そして1音の中に詰まっている無限の音色(ねいろ)。

表現者として、音色(ねいろ)の隅々まで味わうことのできる繊細なアンテナを持ち合わせていたいと同時に、本革の大太鼓の存在感を超える人間でいたいと思うのです。

日常生活で例えてみると、上質なお鍋で作った肉じゃがの味が格別ではあるものの、それをつくるだけの技量があるかと問われれば…。私の料理の腕前では上質の鍋は必要ありませんね(笑)

ついつい身のほど知らずで欲が出ます。
使いこなせる日が来るのでしょうか。
それに見合った表現者でいられるよう日々精進、日々研鑽。

我が父72歳が9歳の孫娘との電話で話す最初の決まり文句
「中身の勉強は進んでいるか?」
ドキっ。

うたうたげ マリンバ奏者 松本律子

category:ライブ・コンサート, 城山公園「うたうたげ」, 子供たち

うたうたげ 音楽の庭 つくいvol.26 終了です。

【うたうたげ 音楽の庭 つくいvol.26 0歳から楽しもう!音楽を☆】@県立津久井湖城山公園 研修棟

1部マリンバコンサート、2部パフォーマンスと音楽による《新聞紙の絵本》

「子どもたちへ届ける音楽の在り方を確立した!」
と思ったら、
また別の新たな方向からのアプローチが頭を擡げてきました。

より良い音楽を、より良い空間つくりを制作していますが、
その「より」が日々変化をしています。

4/1(日)は【うたうたげwithエスデミックカフェ】
うたうたげ  新しい試みです。

 

 

 

 

 

category:ライブ・コンサート, 城山公園「うたうたげ」

まち夢工房第2回 語りと紙芝居 マリンバコンサート

まち夢工房【第2回 語りと紙芝居 マリンバ演奏会】@相模湖交流センターアートギャラリー。

今回のセットは、
マリンバ、大太鼓を横置き、ハイハットシンバル、シェーカー、鍬、Loop stationでした。
大太鼓にペダルをつけて足で踏むことは以前からやっておりましたが、
ハイハットで裏打ちしながらマリンバを弾くことにチャレンジ!
リズムの面白さを堪能しながらも
アスリート並みの練習というか、訓練が必要ですね。
足が痛い(笑)

マリンバのソロステージ40分の他、
語り「八郎」に音楽をつけての共演。

言葉の裏側を深く読み込みながらの音づくり。
物語を身体に刻み込み、後は赴くままに弾いていきます。
音楽の役割をとても考えました。
音で人物を表現するのか、
風景なのか、
人の心の動きなのか。
次に、どの場面に音を入れるか。
それはなぜ音が必要なのか。

スケッチの段階で細かな部分まで明確にしていきます。
全てが納得いくまで詰めます。

ここまでくれば後は自由!!!

終演後、会のみなさまと一緒に食べたプリンとカレーが格別でした♪

category:ライブ・コンサート

雅嵐 21th TGD 2018

【雅嵐 Taiko Gathering Day】

自分が写ってる写真が一枚もなく、ステージ袖から。

和太鼓から日本のリズムを腹底、足もとから感じます。

世界各地のそれぞれの太鼓があって、それぞれに民族の息吹が感じられます。
例えば、和太鼓でブラジル サンバのリズムを叩いても、
結局それは「日本」である ような。

とすると、音楽の中で一番大事なのは「音色(ねいろ)」なのか。
いや「リズム」でしょ。
いやいや美しい「メロディー」がないとつまらない。

う〜ん。
答えはを出るのはまだまだ先のようです。

和太鼓はただただ楽しい♪

 

category:ライブ・コンサート