うたうたげとは

『うたうたげ 』は音楽大学の同期であるマリンバ奏者・松本律子、作曲/演出家・豊岡久美香による音楽グループ。2009年結成。

子どものための「音楽とパフォーマンスによる」作品づくりをしています。マリンバの音楽とともに 新聞紙、布、紐、影、など身近なモノを使い、見立ててあそびながらおはなしを展開してゆくストーリー・パフォーマンス。

また 着物や 日本文化、お絵描き、朗読など毎回 異なるテーマで、小さな子どもたちへの表現の在り方を探究しながらオリジナルの作品づくりに取り組んでいます。

■県立津久井湖城山公園(神奈川県相模原市)共催:(公財)神奈川県公園協会
■Sdemic Cafe(東京都千代田区)
■スペースあれっくす(東京都台東区)共催:(株)アレックス
にて 年3回の定期公演を実施中

 

プロフィール

松本律子(マリンバ/打楽器奏者・作曲家)

米国マイク・バルター・マレット契約アーティスト。東京藝術大学音楽学部付属音楽高等学校、昭和音楽大学器楽科マリンバ専攻卒業。中学校での音楽講師、支援学校講師を経て現在に至る。soloマリンバパフォーマンスをライフワークとし、年間約80公演を行う。 – RitsukoMatsumoto HP

豊岡久美香(作曲家・演出家)

昭和音楽大学作曲学科卒業。その後 「演劇集団 遊玄社」による素劇 「白頭鷲と少年」の作曲 音楽を 民族音楽家 テンバ・タナ氏と共に担当。そこで演出家 関矢幸雄氏の 素劇 また 児童劇の 在り方を学ぶ。