おリン

I meet “Rin”

近くのリサイクル屋さんで「おリン」を見つけました。

金属音の魅力は、マリンバにはない音の長い余韻。
2音、3音と重なる響きが一気に空間を作り上げます。

 

category:日常