まち夢工房第2回 語りと紙芝居 マリンバコンサート

まち夢工房【第2回 語りと紙芝居 マリンバ演奏会】@相模湖交流センターアートギャラリー。

今回のセットは、
マリンバ、大太鼓を横置き、ハイハットシンバル、シェーカー、鍬、Loop stationでした。
大太鼓にペダルをつけて足で踏むことは以前からやっておりましたが、
ハイハットで裏打ちしながらマリンバを弾くことにチャレンジ!
リズムの面白さを堪能しながらも
アスリート並みの練習というか、訓練が必要ですね。
足が痛い(笑)

マリンバのソロステージ40分の他、
語り「八郎」に音楽をつけての共演。

言葉の裏側を深く読み込みながらの音づくり。
物語を身体に刻み込み、後は赴くままに弾いていきます。
音楽の役割をとても考えました。
音で人物を表現するのか、
風景なのか、
人の心の動きなのか。
次に、どの場面に音を入れるか。
それはなぜ音が必要なのか。

スケッチの段階で細かな部分まで明確にしていきます。
全てが納得いくまで詰めます。

ここまでくれば後は自由!!!

終演後、会のみなさまと一緒に食べたプリンとカレーが格別でした♪

関連記事

  1. マリンバ奏者松本律子うたうたげ
PAGE TOP