>>マリンバ全般

マリンバカタログ

YAMAHAマリンバカタログ

友人が部屋の掃除をしていてダンボール箱から出てきたという
古い鍵盤打楽器のカタログを見せてくださいました♪

[YAMAHA]   [KOSTH]  [KOROGI]の3社。
たかだか40年前のカタログにもかかわらず
マリンバの仕様が大きく変わっている事に、
今後のマリンバはどうなっていくのかなと
楽器の本体の側面からは勿論ですが、
マリンバが奏でる音楽の行く先も現在進行中で進化(退化?)していく。
その過程にたずさわっていく楽しみを
お茶を片手にカタログを見ながら思うのです。

コッスカタログ

「コッス」社カタログ

この40年のマリンバ楽器本体の変化は
何と言っても5オクターブが主流になってきた事。
低音の深い響きから高音の木琴のコロコロとした音色まで
出せるようになった事で、
西洋音楽の楽譜の概念の元での音楽のほとんどを
演奏できるようになりました。

倍音の取り方にも
各社、そして時代ごとに少しずづ変化していますね。
倍音によって変化する音色が
社会の変化を表しているのかなとも感じます。

現在のマリンバとの大きな違いの一つに
外見が大きく変わりましたね。
これだけ大きく空間を使う楽器ですので
デザイン性も重要視されてきました。
これは他の楽器には見られない現象ですね。

レパートリーでは、
朝吹英一先生が道を切り開かれた
西洋音楽の名曲のアレンジ作品。
12音技法の元で書かれた作品。
ロマンティックな音を使いながらアフリカの躍動感溢れるリズムを使った作品。
ジャズの影響を大きく受けた作品。
そして安倍圭子先生を筆頭にマリンバをソロ楽器として確立させた作品。
バンド形式、環境音楽 etc…….。
まだまだありますね。

コオロギカタログ

コオロギカタログ

どこに向かっていくのか。
それは全てのマリンバ奏者が感じている事で、
全ての奏者が日々模索しながら
最高傑作を頭に思い描き創造に励んでいるのかな。

とカタログを見ながら思うのです。

 

*カタログの中身すべてPDFで手元にあります。
うまくアップできないので、
もしカタログを見たい!という方
ritsukomarimba@gmail.com までご連絡ください♪

 

category:マリンバ全般, 日常

mode marimba

mode marimban のジョンさんに会いにテキサス州サンアントニオにやってきました。

温度、湿度等環境に左右されない、価格もグッと抑えられた新しいタイプのマリンバです。

制作者のジョンさんのとっても穏やかなお人柄をそのまま音にしたような
優しいサウンド。既成概念にとらわれず、なるべく多くの人にマリンバ音楽を楽しんでもらいたいというジョンさんの想いがたくさん詰まった楽器です。

もうすぐ日本にやってきます。

 

 

 

 

 

 

美しい街並みサンアントニオのアロモ遺跡

category:マリンバ全般, 日常

りんぐリン ライブのお知らせ

打楽器奏者・作曲家の高木リィラさんとのDUO「りんぐリン」のライブ告知です。

MalletKATを使用。(マリンバお休みです)
テーマ「わ」。
映像あり。

自分たちのアイデンティティの「和」であるはずなのに、改めて向き合ってみると中身が空っぽすぎて途方にくれました。
時間をかけお互い考えを深め、見せかけだけの「和」ではなく、
心の奥底からの、今現在の「和」に目を向けようと2人の心が一致した途端、リィラさんからの今までとは違う角度からの斬新な新曲が届いてきました。

どのように違うか?
それはライブでのお楽しみです(笑)

日時:2018年2月3日(土)立春 19:00スタート(18:30開場)
場所:おとりよせレストラン KOUCHI-YA
(東京都中央区日本橋小網町16-19 大都ビル1F)
料金:3,000円(+1ドリンク)
ご予約:03-6667-0356(おとりよせレストランKOUCHI-YA)
(メール ringling.info@gmail.com)
https://ringling.themedia.jp/posts/3334722

category:マリンバ全般, ライブ・コンサート

新年2018

明けましておめでとうございます。
笑顔のあふれる一年でありますようお祈りいたします♪

2018年は【マコトのハナをシル 〜種〜芽〜花〜果実〜】としてみました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

(写真は我が家のアイドル「ララ」です。娘の履き古した上履きがお気に入り(笑))

category:マリンバ全般, 日常

2017年を振り返って

2017年。
年を重ねるごとに音を紡いでいく事が面白く感じてなりません。
誰も足を踏み入れていない、
そう、新雪に足を入れた時のあの感覚をもっともっと味わいたくて。

山に入り大自然の中に身を置くと、
いかに人が小さな存在であるかを思い知ります。
自らが創造するという傲慢を捨て去り
自然からの恩恵をそのまま音楽にすることが
人として音楽を奏でる最高の喜びであると感じます。

舞台での極上の喜びを知りました。
そのエネルギーはどこからくるのか。

それは自分自身。
それは自然からの恵み。

生かされている事に感謝をし
人々の想像を越えた音楽、新雪を一歩一歩踏んでまいります。

今年1年大変お世話になりました。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします♪

 

松本律子

 

category:マリンバ全般, 日常

in put

『コンサート中のMCで「〜させていただき…」を使わないね』
とのご指摘がありました。
さわやかさ、潔さが心地よいと。

「させていただく」のではなく
「やりたい事を自らやっている」という思いがあるので
言葉として出てこないのかもしれません。

やりたい事は、始まった瞬間から終わりまで全て自分で自分の責任を持つ事が絶対条件。
我が道をトコトン行くと決めた人間は余計な事を考えている暇はないみたいです。

今はインプットの時間。
何をやろうかな〜。

バルトーク、高橋竹山、即興 etc…….
キーワードとなるモノが続々と集まってきました。

category:マリンバ全般, ライブ・コンサート, 日常

リサイタルご感想をいただきました!

DUO「リングりん」のパートナー高木リィラのご友人の奈緒子さんから、
先日のリサイタルのありがたいご感想をいただきました♪

奈緒子さんのブログのリンクです。
http://naoko-s.com/?p=194

 

そして次回リングりんライブはこちら!

■【 わ 】 〜リングりん*RingLing *セカンドライブ〜
日時:2018年2月3日(土)立春 19:00スタート(18:30開場)
場所:おとりよせレストラン KOUCHI-YA
(東京都中央区日本橋小網町16-19 大都ビル1F)
料金:3,000円(+1ドリンク)
ご予約:03-6667-0356(おとりよせレストランKOUCHI-YA)
(メール ringling.info@gmail.com)

 

category:マリンバ全般

リサイタル2017 ご感想をいただきました。

アンズさんがリサイタルのご感想をブログに綴ってくださいました。
ありがとうございます!

「月に帰らないかぐや姫のブログ」
https://ameblo.jp/tsukinikaeranaikaguyahim/

 

その他にも色々反応いただいております。
もちろんイイ事ばかりではありません。
全てのご意見をありがたく胸に受け止めています。

話題にものぼらないのはもっと悲しい…。
「なんだか引っかかる」それが心地よいか、そうではないかはそれぞれかなと。

顔と名前を思い出していただけるだけでありがたい♪

写真は東京公演山野学苑27階の会場から♪
都会の夜景が素敵な会場でした。

 

 

category:マリンバ全般

 松本律子マリンバsoloプロジェクト 2017 【元素音楽】 〜よれ合い もつれ合い とけ合い 音と音がアイシ合う〜 終了です。

松本律子マリンバsoloプロジェクト 2017
【元素おんがく】 ~よれ合い もつれ合い とけ合い 音と音がアイシ合う~
全公演無事終えることができました。

「感無量」この一言に尽きます。

わけのわからない宙に浮いているものをどうやってもカタチにならない苦しみ。
カタチになった時の喜び。
ステージで音楽を奏でる至福の時間。

1年間がギュギュギュと凝縮された2時間プログラム。

 

 

 

 

 

 

情熱的に。
そして楽しく。

完全燃焼♪
悔いなし。

 

 

 

 

 

 

ご来場くださいましたみなさま、応援くださいましたみなさま、
会場スタッフのみなさま。いつもそばにいてくれる楽器たち。
全てのみなさまへ心より感謝申し上げます。

「桃季成蹊」
ネットサーフをしていたらフット目にとまりました。
意味:桃や季は口は聞けないけれどそのかぐわしい香を認めて自然に人が集まってきて道ができる。

音楽がそうであったらいいなあ。

また来年。

 

 

 

 

 

category:マリンバ全般

保育園公演

朗読の中村雅子さんと保育園公演♪

食へのこだわり。
文化/芸術への深い造詣 etc
流行に左右されない信念。
保育園の方針が子どもたちへの愛情となっていました。

 

category:マリンバ全般